chabs

「Chabs(チャブス)」が名鉄知多奥田駅高架下にオープンします。
Chabsは地域の交流・情報発信などを目的に作られたイベント&ミーティングスペースです。ちゃぶだいを囲んでお茶を飲むようにのんびりと交流ができるよう、またヒト・モノ・コトをつなぐハブになって欲しいと、この名前がつけられました。

chabs

室内はこんな感じ!ビーチハウスをイメージして作られました。さらに、2つのちゃぶだいとカウンターを設置予定。

chabs

人工芝をあしらったひな壇もあります。

chabs_madechabs_made

床材は空き家から回収してきた木材(魚屋さんで使われるトロ箱の材料)を使い、製材作業から貼り付けまで行っています。

chabs

地域に眠っていた資源を有効活用し、美浜らしいストーリーのあるリノベーションを実施しました。

写真は作業中のモノですが、完成時にはディスプレイ棚ができたり、床にちゃぶだいがあったり!さらにパワーアップしてお迎えするので、ぜひ遊びにきてくださいっ

chabs

【オープンイベント開催:参加無料】

「ちゃぶだいハウス(仮称)」として準備されてきた知多奥田駅構内の交流拠点”Chabs”のお披露目として、オープニングイベントが開催されます。
9時からのオープニングセレモニーでは、美浜町長、日本福祉大学理事長も来場し、”Chabs”の概要が説明されます。
また、9時30分からは、交流会や植樹イベント、若手農家による新鮮な野菜の販売なども開催されます。

途中参加、途中退席も自由ですので、お気軽にご参加下さい。

[開催日時] 7月2日(日) 9:00~13:00

[場所] Chabs(知多奥田駅構内1階 コパン前の通路向かい)
※駐車場は、日本福祉大学駐車場をご利用ください。

[イベント概要]
9:00〜 オープニングセレモニー:
美浜町長挨拶、日本福祉大学理事長挨拶、”Chabs”の概要について

9:30〜 交流イベント:
カフェ、パネルトーク、植樹・花壇整備、野菜販売、みはまデイズ上映等(予定)

 

Chabsに関するお問合せや利用詳細はホームページをチェック!

美浜町の新たな拠点をぜひ覗いてみてください!